LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • Avid Application Manager詳細について(Pro Tools 12以降)
    きた

profile

書いた記事数:143 最後に更新した日:2020/06/12
この記事は2015.04.09 Thursdayに書かれたものです。


NAMM SHOW 2015で発表となったPro Tools 12が、遂にリリースされました!

>>宮地楽器Avid Zone Pro NAMM 2015 Pro Tools 12リリース情報
 
Pro Tools 12は、サブスクリプション*、スタンドアローン・ソフトウエア(永続ライセンス)、Pro Toolsハードウエア/ソフトウエア・システムの一部、さらにはAvidアップグレードプランによるソフトウエア・アップグレード/クロスグレードとして入手可能となりました。

Pro Tools 12オーナーは、サブスクリプションまたは永続ライセンス・オーナーの為のAvidアップグレードプラン期間中の、全てのPro Toolsアップグレード・リリースを利用することが可能となります。

ご注意:Pro Tools ソフトウエア(永続ライセンス)には、1年間のアップグレードプランが付属していますが、Pro Tools | Duet 及びQuartetを除いた他のPro Toolsハードウエア/ソフトウエア・バンドル製品(Eleven Rack、Pro Tools HDX/HD Native)には含まれていない為、別途1年間のアップグレードプランを購入する必要があります。




<1年間のアップグレードプランが含まれていない永続ライセンス製品へのライセンス状況>

2015年1月22日以降に、1 年間のアップグレードプランが含まれていないPro Tools及びPro Tools | HD11ソフトウエアを購入した場合、ライセンスはバージョン10,11及び12.0が提供されます。以降のバージョンアップは、2015年12月31日 までに別途アップグレードプランを購入することで可能となります。

<What’s New in Pro Tools 12?>

ゞ罰ι現DAWがより幅広い選択肢で入手可能に!

1.サブスクリプション― Pro Toolsを必要な時(月間または年間)に必要最低限のコストで使用可能となります。サブスクリプション期間中は、Avidアップグレード・プランが利用可能となる為、常にPro Tools最新機能が利用可能となり、カスタマー・ケア・チームによるサポート対応も行われます。(ご注意:Pro Tools | HD ソフトウエアには、サブスクリプション版はありません)
※サブスクリプションは、ライセンスはPro Tools 12のみとなります

2.Pro Tools ソフトウエア永続ライセンス― 1年間アップグレードプラン付きのPro Toolsソフトウエア製品または最新バージョンへのアップグレード/クロスグレードを購入することで、Pro Toolsの最新機能を使用できる1年間のAvidアップグレード・プランが利用可能となります。.

3.Pro Tools システム永続ライセンス― Pro Tools | HD Native, Pro Tools | HDX, Pro Tools | Duet, Pro Tools | Quarte,Pro Tools | Eleven Rack, Pro Tools | Mbox Pro 等のAvidオーディオ・ハードウエアにバンドルされているPro Toolsソフトウエアは永続ライセンスにて提供されますが、Pro Tools | Duet 及びQuartetを除き、1年間の無償アップグレードプランが付属していません。別途1年間のアップグレードプランを購入することで、以降の最新機能を利用することが可能となります。

▲▲廛蠧盥愼マーケットプレイスの利用

Pro Toolsを終了/再起動することなく、Pro Tools内から直接プラグインを検索/ブラウズそして購入/レンタルすることが可能となります。



I/Oセットアップ機能の改良:

1.プレイバック・エンジン・ベースI/O設定やモニター出力アサインの変更を伴うセッション交換の煩わしさが改善されました。
2.様々なシステムでセッションを開いても、不要なバス表示が自動で回避可能となりました。
3.バス数が無制限となりオーディオ・ルーティングの自由度が増しました
4.メインモニターパスの形式に従って、自動的にダウンミックスが可能になりました。
5.任意のセッションからI/O設定を直接インポート可能となりました。
6.セッションで以前に使用されていた入出力を現在の状態と簡単に比較できるようになり、IO設定の管理がより容易になりました。
7.さらに幾つかの改良を追加*



ぅ札奪轡腑鵝Ε瓮拭Ε如璽燭箸靴董▲レジット情報を付加可能―曲名、作曲者名、共作者名その他の詳細制作情報をリッチ・メタ・データとしてセッションに入力/タグ可能となり、プロジェクト管理や著作権管理が容易/便利になりました。



Application Managerによるバージョン管理

ソフトウエアやプラグインのアップデイトを管理し、webサイト等に行く必要なくダウンロードする事が可能となります。

* Avidは、Pro Tools 12からソフトウエアへの新機能追加や機能拡張の方法を変更しています。これまでの、独立したアップグレードの提供方法に代わり、Avidアップグレードプランを通し、逐次リリースが提供される形となります。これにより、サブスクリプション購入者やアップグレードプラン付き永続ライセンス・オーナーは、次の大規模なソフトウエア・リリースを待つことなく、都度、最新のツール、改良、そして新機能の数々を入手/利用可能となります。

<ProTools 12日本語情報>

Pro Tools 12: 柔軟なライセンス形態、Avidクラウド・コラボレーション、マーケットプレイスの新しいサービスを発表

Pro Toolsとは?

Pro Tools ライセンスFAQ(よくある質問)

Pro Tools HD 12システム要件

Pro Tools 12システム要件

Pro Tools 12 を使用する上で動作保証されるオーディオ・インターフェースと周辺機器

Pro Tools アップデート

バージョンの異なるPro Toolsセッションの互換性と相互関係
※古いPro ToolsセッションをPro Tools 12で開く方法、Pro Tools 12セッションを古いバージョンのPro Toolsで開くために保存する方法
 
お問い合わせフォーム







  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10