LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • Avid Application Manager詳細について(Pro Tools 12以降)
    きた

profile

書いた記事数:143 最後に更新した日:2020/06/12
この記事は2015.01.31 Saturdayに書かれたものです。


NAMM SHOW 2015にて、Avidより発表されたPro Toolsの無償版、「Pro Tools First」!

業界標準のDAWであるPro Toolsの一部機能縮小版でもあるPro Tools Firstは、
誰でも使用出来る無償版とあって注目を集めています。
※2015年2月1日現在では、まだリリースされておりません。事前情報となります。


>>Pro Tools 12/Pro Tools First詳細(宮地楽器 Avid Zone Pro 記事)

本記事では、改めて、Pro Tools Firstは何が出来るのか、有償版のPro Tools Softwareとは何が異なるのかをまとめました。

 



下記表は、各バージョンのPro Tools ソフトウェアの比較表になります。



※1 … Pro Tools Firstでは、保存できるセッションは3曲のみとなります。
セッションを追加したい場合は、有償オプションで可能です。
ただし、プロジェクトが完成しファイナル・ステレオ・ミックスへエクスポートした後で、そのプロジェクトを削除すれば、新しいプロジェクトをスタートするスペースを再度確保する事もできます。

※2 … Pro ToolsとPro Tools Firstは、セッションの互換性がありません。
有償のPro Tools同士であれば、セッションの互換性はあります。Pro Tools First同士は、クラウド・コラボレーション機能が対応となったら、セッションをシェアすることができるようになります。
ただし、※1でもご案内したように、それぞれでステレオファイルにバウンスすれば、オーディオデータをインポートすることは可能です。

※3 …Pro Tools First と他のバージョンのPro Toolsを、同じコンピューター上にインストールする事が可能。
Pro Tools Firstの登録及びアクティベートが完了すれば、最大3台までのコンピューターにインストール可能。
※Pro Tools Firstは基本iLokは必要としませんが、iLokへのアクティベートも可能です。

↓以下、Pro Tools Firstのスクリーンショット、使用出来るプラグインのスクリーンショットです






Pro Tools Firstのプラグインフォーマット「AAX」の対応に関しては、アップ内で購入したAAX Native 64 および AAX AudioSuite 64 追加プラグインのみをサポートしています(他社製プラグインは使用できません)。
iLokが必要なプラグインもPro Tools Firstにて使用可能ですが、アップ内購入の形でAvidマーケットプレイスより購入したものに限ります。
(プラグインを使用する際はiLokは挿した状態でPro Tools Firstをご使用ください。)


続いて、Pro Tools Firstで気になるのがクラウドプロジェクト。Pro Tools First内で制作したデータをクラウドに保存して、アクセスさえすれば他の人でもPro Tools Firstのデータを開けるという機能です。
※Pro Tools Firstのリリース乃際に、このクラウドプロジェクト機能が使用できるとは限りません。追加機能となる場合があります。

前述にて簡単にご説明させて頂きましたが、もう少し掘り下げて解説させて頂きます。

まず、クラウドプロジェクトは3曲まで無料で使用でき、保存が可能です。
4曲以上を同時に保存したい場合には、Avidより有償オプションで購入する事が可能です。



また前述の通り、Pro Tools Firstにて制作したセッションファイルを、他のバージョンのPro Toolsで開く事はできません。

しかし、オーディオファイルの読み込みは可能なので、Pro Tools Firstで制作したセッションファイルを他のバージョンのPro Toolsに読み込みたい場合は、
一旦1トラックずつステレオファイルにバウンスしてから、他のバージョンのPro Toolsへ読み込めば、使用出来ます。
 

※逆も然りで、他のバージョンのPro ToolsセッションファイルをPro Tools Firstで開く事はできませんが、オーディオファイルは読み込み可能なので、一旦1トラックずつステレオファイルにバウンスしてから、Pro Tools Firstへ読み込めば使用出来ます。

2015年中にAvidよりリリース予定のクラウドコラボレーション機能が拡張されれば、オンラインにてPro Tools First同士のセッションのシェアが可能になります。
例えば、ギターをレコーディングして、バック演奏をPro Tools Firstで打ち込みで制作したセッションファイルを、そのまま他の人のPro Tools Firstで共有・編集する事が出来るようになる訳です。

余計なライセンス管理を必要とせずに、Pro Toolsの基本機能を使用する事ができ、Pro Tools Firstだけでもある程度のところまでは音楽制作できます。
「DAWってどんなことができるの?」「業界標準といわれるPro Toolsで制作してみたいけど、ちょっと難しそう」「iLokでのライセンス管理が分かりづらい」、そんな方にはうってつけではないでしょうか?


しかし、Pro Tools Firstで制作して自分のスキルが上がってくると、機能性に限界を感じることもあると思います。

Pro Toolsバージョン比較表をご覧頂くと、Pro Tools Firstのそれぞれのトラック(オーディオ・MIDI・インストゥルメント・Aux)は、それぞれ最大16トラックです。

「ドラムを、スネアやタムといった各種類別で分けてレコーディングしたい」「バックで各パートごとにオーケストラを入れたい」という時などは、どうしてもトラックが足りなくなります。

プラグインでも、他社製の製品は使用出来ないので、「もっとリアルな音質の音源プラグインで作りたい」「ミキシングやマスタリングをもっとこだわりたい」という方などは、有償版のPro Toolsを購入した方がよろしいでしょう。

通常版(有償版)ですと、トラック数も
オーディオは最大96、インストゥルメント64、MIDI512、Aux128と増えるので、より質の高い音楽制作ができます。

「Pro Tools Softwareを使用するのは初めて!」という方は、まずはPro Tools Firstをご使用いただくことをおすすめします。

Pro Tools Firstの使用方法は、Pro Tools有償版のものとほとんど変わりません。
Pro Tools Firstから導入してスキルを上げて通常版へ移行すれば、業界標準のソフトをすんなり使いこなせるかと思います。


 

お問い合わせフォーム







  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10