LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • Avid Application Manager詳細について(Pro Tools 12以降)
    きた

profile

書いた記事数:143 最後に更新した日:2020/06/12
この記事は2015.02.03 Tuesdayに書かれたものです。
様々なDAW上でネットワークを構築し、柔軟なオーディオ・ルーティング、高品位なWavesプラグインのDSPプロセッシングを実現するDiGiGridシステム。
先日、その大本命とも言えるIOSがリリースされ、Native環境でのネットワークを含めたDiGiGridシステムの全貌がようやくつかめる様になった、と言えるのではないでしょうか?
HD/HDXではないPro Toolsユーザーにも様々なメリットがあるDiGiGridシステムですが、逆にHD/HDXユーザーにとっては、DSP Plugin Server/DigiLink Interface機能を併せ持つ、DLSの実際が気になるところでしょう。

DiGiGrid DLSをPro Tools HDXで使用する際のアドバンテージとは? Part.1 >>

DiGiGrid DLSをPro Tools HDXで使用する際のアドバンテージとは? Part.3 >>

DLS/DLIの違いやモードに付いて解説した前回に続き、今回はHDX上でDLSをI/Oモードにした場合の操作やレイテンシーを含めた実際を解説します。

Waves SoundGrid PluginとSoundGrid Studio

Pro Tools HDX上で、DiGiGrid DLSをI/Oモードでプラグイン・サーバーとして使用する場合、DLS本体はもちろん、Waves SoundGrid Plugin V9以上のライセンスが必要になります。
以前はTDMライセンスという名称だったものですが、現時点では全てのTDMユーザーはSoundGridユーザーとなっているはずです。
ただし、V8以前のライセンスの場合は、Waves Update Planを使用して最新のV9にしておく必要がありますので、お忘れなく!

その他、DigiLink以外の多くのオーディオ・インターフェイスがそうである様に、DLS/DLIのルーティングや設定をするために、SoundGrid Studioソフトウェアもインストールする必要があります。
前回も触れましたが、DLS/DLIをI/Oモードで接続した場合、Pro Tools HD側からはオーディオ・インターフェイスとして見える様になりますので、より細かい設定/ルーティングが必要になる、という訳です。



上の図は、SoundGrid Studioのルーティング画面となりますが、Pro Tools HDのハードウェア・セットアップ画面に準じているのが分かりますね。
実際には、物理的なアナログ/デジタルI/Oが搭載されている訳ではありませんので、ここはほぼデフォルトのままいじる事もないでしょう。



次に「CLOCK」タブをクリックすると、DLS/DLIをどのようにシンクロナイゼーションさせていくのか?というのを設定出来ます。
DLS/DLIをSGPモードで動作させる場合は、マスタークロックのデバイスをどこにするか?という事が関係してきますが、I/Oモードの場合、HD I/O等に組込む形でDLS/DLIを接続しますから、ここもLoop Syncになっていれば問題ないでしょう。



次にSoundGrid StudioのPatchページへ移動すると、DigiLinkを介して接続されているチャンネル数が表示されます。
これもPro Tools HDのI/O Setup画面に似ているのがお分かりかと思います。
Channel1〜の右にはL/R等の表示があり、ここから切替も出来る様になっていますね。

例えば、HDXカードに2つあるDigiLinkポートが、それぞれDLSと繋がれている場合、ここにはDLS-1〜4までが表示され、全てで64ch分が使用出来ることになります。
1ポートのみでしか繋がれていない場合は32chになりますので、64ch分の表示になっていても、使えない分はグレイアウトします。



最後にSETUPページを簡単にご紹介しておきましょう。
このページは、主にSGPモードで動作しているDiGiGridネットワーク上のデバイスを、それぞれ結びつける役割を果たしています。
左の青のグループにはネットワーク上のハードウェアを、真ん中の緑のグループにはネットワーク上のDAWをそれぞれ割り当てる事が可能ということです。

基本的に、今回はPro Tools HDX上での動作を中心に解説していますので、このページにはほとんどアクセスする必要がないのですが、この画面を見ると、DiGiGridシステムが様々なハード/ソフトを統合した柔軟なシステム構築が出来るのがよく分かりますね!

長くなってしまいましたので、今回はこの辺で終わりにいたしますが、次回こそPro Tools HD Software上で動作するWaves SoundGrid Pluginをご紹介いたします!
弊社ではデモ機の用意もございます!
デモご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい!

お問合せは、お電話03-3255-3332 もしくは以下のフォームまで!

お問合せフォーム >>
お問い合わせフォーム







  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10