AvidZoneProは業界標準のDAWシステムPro Tools及びAvid社の製品情報,Tips,update情報を定期的に掲載するポータルページです

Pro Tools 11へのアップデートにおける事前作業

この記事は2014.07.25 Fridayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
Pro Tools 10.3.5 以前の旧バージョンを使用されていたOS上に、Pro Tools 11、Pro Tools 10.3.6以降、またはその両方をインストールする際には、以下の作業が必須となります。
 
参照元:http://avid.force.com/pkb/articles/ja/troubleshooting/Pro-Tools-11-prework?popup=true

注意:Mac OS X 10.9 Mavericksに対応したPro Tools バージョンはPro Tools 11.0.3以降のバージョンのみです。 Pro Tools 10.xは対応しておらず、同一OS上にPro Tools 11.0.3とPro Tools 10.xを共存させることは出来ません。

*Pro ToolsのインストールされていないOS上に新規でインストールされる場合には必要ありません。
*Macの移行アシスタントなどを使用して他のMacからデータを移行した場合、重大な問題を引き起こす場合があります。詳細はこちらをご参照下さい。



1.まずは、お使いのコンピュータがPro Tools 11のシステム要件を満たしているかをご確認下さい。
 
2.旧バージョンのPro Toolsを全てクリーン・アンインストールして下さい。

<Macの場合>

(1)Pro Toolsがインストールされているユーザー・アカウントへ管理者権限でログインしていることを確認します
(2)Macintosh HD/アプリケーション/Digidesign/Pro Tools/Pro Tools Utilities (Pro Tools 7.1.1 - 9.0.x)
  または、
  Macintosh HD/アプリケーション/Avid/Pro Tools/Pro Tools Utilities (Pro Tools 10.x )
  内のUninstall Pro Tools アプリケーションを起動します
(3)アンインストールを続けるためには「続行」ボタンを押します
(4)アンインストールのタイプに「クリーン」アンインストールを選択します:
  • クリーン・アンインストールを選択するとPro Toolsの初期設定ファイルなどのシステムファイル、Pro Tools標準のプラグイン、MIDIパッチネームなど、Pro Toolsに関する全てのファイルが削除されます。

(Pro Tools HDまたはToolkitオプションを導入されている場合には、初期設定ファイルを事前にバックアップしておくことをお勧めします。初期設定ファイルの場所は各OSの最適化ページをご参照下さい。)

*過去に作られたセッション・ファイル(曲)は削除されません
*Pro Tools標準以外のプラグインは削除されません
*Pro Tools 10以降ではAvid Virtual Instrumentも削除されません

(5)「アンインストール」をクリック
(6)OSの管理者ユーザー・パスワードを入力し「OK」を押します
(7)「完了」ボタンを押してインストーラー画面を閉じます


<Windows 7の場合>

(1)Start メニュー > コントロール パネル
(2)「プログラム」カテゴリの「プログラムのアンインストール」を選択
(3)Pro Toolsを選択
(4)「変更」を選択
(5)Windowsインストーラー画面にて「削除」を選択後、画面の指示にしたがってPro Toolsを削除します

必ずアンインストール・オプションにて「Pro Tools、Avid HDドライバー、初期設定、データベースおよびMIDIデバイス/パッチ設定」を選択して削除して下さい。
(Pro Tools HDまたはToolkitオプションを導入されている場合には、初期設定ファイルを事前にバックアップしておくことをお勧めします。初期設定ファイルの場所は各OSの最適化ページをご参照下さい。)

*過去に作られたセッション・ファイル(曲)は削除されません
*Pro Tools標準以外のプラグインは削除されません
*Pro Tools 10以降ではAvid Virtual Instrumentも削除されません


3.Avid Virtual Instrumentを削除してください。

<Macの場合>

 
Macintosh HD/ライブラリ/Application Support/Digidesign/Plug-Ins
内から、以下6つのプラグイン・ファイルをゴミ箱に捨てて、空にしてください。
 
Boom.dpm
DB-33.dpm
MiniGrand.dpm
Structure.dpm
Vacuum.dpm
XPand!.dpm


<Windows 7の場合>

(1)Start メニュー > コントロール パネル
(2)「プログラム」カテゴリの「プログラムのアンインストール」を選択
(3)Avid Virtual Instrumentsを選択
(4)「アンインストール」を選択して実行します


4.サードパーティ製のAAXプラグインをいったん退避させてください。

Pro Toolsのクリーンアンインストール後に、以下のディレクトリに残っているAAXプラグインは、Pro Tools 標準以外のものであり、32bitでコンパイルされている可能性があります。
Pro Tools 11用の64bit対応AAXプラグイン(または32bit/64bit両方で使えるUniversal版)はこの同じディレクトリに保存されるため、コ ンフリクト回避のため、事前にこのPlug-Insフォルダをデスクトップなどに移動してください。

<Macの場合>
Macintosh HD/ライブラリ/Application Support/Avid/Audio/Plug-Ins

<Windows 7(64-bit)の場合>
C:/Program Files(x86)/Common Files/Avid/Audio/Plug-Ins


5.OSの最適化を可能な限り行ってください。

6.Pro Tools 11、Pro Tools 10.3.6以降、またはその両方をインストールしてください。
  • 2014.07.25 Friday
  • Tips


AVID関連記事を検索

categories

selected entries

archives

recent comment

  • Avid Application Manager詳細について(Pro Tools 12以降)
    きた

profile

書いた記事数:127 最後に更新した日:2017/06/30