Pro Tools 12.8.2リリース情報

日本時間の10/19、Pro Tools 12.8.2と、EUCON 3.7がリリースされました。

 

Pro Tools はコンマ1のアップデートながら、今回のアップデートは今時の機能追加や、痒いところに手が届く機能が多く追加されています。

 

VRオーディオ・ミックス、ミュージック・クリエーション、ゲーム・サウンド・デザイン等、多くの分野/ニーズに有意義な数多くの新機能/改良が追加されています。

 

ソフトウエア・アップグレードは、有資格のお客様のAvidマスター・アカウントより入手可能です。

※12.8.2にアップグレードする前に、一度Avidアカウントにログインいただき、お使いのPro Toolsが「Annual Upgrade Plan」が適用されているかどうかをご確認ください

※Pro Tools 12.6以降を使用するには、iLokに所定のライセンスが入っている必要があります(Pro Tools Perpetual Bundleライセンスについての詳細はこちら

 

Pro Tools 12.8.2 リリースノート(日本語)

Pro Tools 12.8.2 情報/ダウンロード(日本語)

Avid Blog:Pro Tools 12.8.2&EUCON3.7新機能紹介

 

Pro Tools 12.8.2 ソフトウェアのシステム要件および互換性について

 

・macOS 10.12.6 (Sierra) , Mac OS X 10.11.6 (El Capitan)がサポートされます。
・重要:OS 10.10 (Yosemite) は、互換検証においてグラフィック表示上の問題が多数確認されたため、Pro Tools 12.8.2ではサポートされません。Pro Tools 12.8.2のインストール前に必ずOS10.11または10.12へのアップグレードを行ってください。
・重要:macOS 10.13 High Sierraは互換検証中であるため現時点でPro Tools 12.8.2でサポートされません。
・64bit版のWindows 10, Windows 8.1 および Windows 7 SP1がサポートされます。

Pro Tools 12.8.2情報

 

Pro Tools 12.8
 
MIDI機能の強化
新しいMIDI強化機能により、より効率に優れた作曲/アレンジ作業が行えるようになりました。グリッド/ナッジ・サイズ及びペンシルツールをキー操作により素早く変更、MIDI演奏入力時のノート並びにコード・ネームの確認、ウインドウ・コンフィギュレーション上でのMIDI編集レーンのストア/リコール、スマートツールを使ったMIDIクリップ編集等が可能となっています。
 

 


VR オーディオ編集&ミックス(Pro Tools | HD のみ)
Pro Tools | HD 内で、VRコンテンツに対するオーディオ編集/ミックスが完結可能となりました。Pro Tools HD上トラック及びバスが、サード・オーダーまでのAmbisonics に対応することで、より精緻なVRオーディオの編集/ミックスが簡単に行えるようになり、必要な再生フォーマットへ出力/デリバリーすることが可能となります。また、Pro Tools | HD 12.8.2では、Facebook 360 Spatial Workstationも、その機能の一部として標準インストールされるようになっています。

 

 


Dolby Atmos 作業を一層効率化(Pro Tools | HD のみ)
新たに加わったフロント/リア・ポジション・ノブ・リンクにより、両方のパラメーターを、Pro Toolsやコントロールサーフェスから1つのパン・コントロールを行なう事で操作可能となりました。さらに、既存のパン・オートメーション・データを「高さ」をオートメーションする目的で再利用したり、Pro Toolsセッション内でのDolby Atmos Renderer接続設定も瞬時に実行可能となっています。

 


 
新しくなったバッチ・リネーム機能
バッチ・リネーム機能が強化され、ゲーム・サウンド・デザインや複数言語を扱ったMA作業を行う際の大幅な効率アップが実現されました。
新たにトラック・ネームに対するバッチ・リネーム機能が加わり、トラック/クリップ両方に対するリネーム機能が強化され、検索/置換え/接頭辞/接尾辞/多彩なナンバリング機能を駆使して、効率よくトラック/クリップのネーミングを管理、そのままファイルとしてエクスポートすることが可能です。
 


Pro Tools| Fistのセッション読み込み機能 (Pro Tools | First)
Pro Tools | Firstユーザーも、Pro ToolsやPro Tools | HDで作成したセッションファイルを読み込めるようになりました。
シンプルにセッション・ファイルを開き、「コンバート・トゥ・プロジェクト」ダイアログを用いて、クラウド・スペースにプロジェクトとして保存することが可能です。

 

 

 

EUCON 3.7情報

 

EUCON3.7

 

本アップグレードは、Pro Tools | S6, Pro Tools | S3, Pro Tools | Dock, Pro Tools | Control, Artist Mix, 及び/または、その他のEUCON対応コントロールサーフェス・ユーザーに有効です。
 
EQ 及びDYN サイクリング(切換)
Pro Tools | S6上でのプラグイン切換がより素早く行えるようになりました。
EQ, DYNにカテゴリーされているプラグインを、S6上のEQまたはDYNボタンをダブル・プレスするだけで、そたのチェーン内の次のプラグインを呼び出すことが可能となります。
 
Master Meter Module
S6上でのビジュアル・フィードバックが一層充実します。
この新機能により、任意のS6ディスプレイ・モジュールを、マスター・メーター・モジュールとして活用することが可能となり、マスター/バス・メーターを常時表示させておくことができるようになります。ディスプレイ上に最大4列までのメーター表示が可能となり、プリセットとして保存しレイアウトとともにリコールすることもできます。
 
その他の追加機能:
アテンション・トラックのクリア
トラック番号の前にワークステーション番号を表示させる初期設定の追加

 

 

EuControl 新機能


 

Pro Tools | ControlからのVCA スピル
Artist Mix, Pro Tools | S3, Pro Tools | Dock コントロール・サーフェス使用時の利便性が向上しました。Pro Tools | ControlアプリがVCAスピルに対応し、コントロールサーフェスと組み合わせることで、複数のVCAトラックを使用した際のミックス作業時の視認性/利便性が一層向上しました。Pro Tools | Controlアプリ上のVCAボタンをタッピングすることで、サーフェス上にその構成トラックの展開が行なえます(再タップでアンスピルとなります)。

 



その他の追加機能:
OLED上のオートメーション・フィードバックの強化
Automation Write フィードバック

 

 

 

>>お問い合わせはこちらまで!

----------------------------------------------------------------------------
MIYAJI Professional Division

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-4
TEL:03-3255-3332 
FAX:03-3255-0382

http://www.miyaji.co.jp/proaudio/

お問い合わせフォーム:https://www.miyajimusic.com/proaudio/form/Inq_Shop.php

----------------------------------------------------------------------------
宮地楽器神田店 レコーディング機器コーナー


〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-4
Tel 03-3255-2755(代表)
Fax 03-3255-0382

http://www.miyaji.co.jp/recgear/index.php

お問い合わせフォーム:https://www.miyajimusic.com/form/info.php?a=53
----------------------------------------------------------------------------

宮地プロフェッショナル事業部
-----------------------------------------------

製品名/キーワード検索

カテゴリー

最新レビュー/レポート