AvidZoneProは業界標準のDAWシステムPro Tools及びAvid社の製品情報,Tips,update情報を定期的に掲載するポータルページです

Pro Tools 12.8リリース情報

この記事は2017.06.27 Tuesdayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

日本時間の6/27、Pro Tools 12.8が、Pro Tools | S6 及び S5のアップデイトとともにリリースされました。本リリースには以下が含まれます。

 

Pro Tools | First 12.8
Pro Tools 12.8
Pro Tools | HD 12.8
S6 v3.6.1
S5 v6.1.0

 

各ソフトウエア・アップグレードは、有資格のお客様のAvidマスター・アカウントより入手可能です。

※12.8にアップグレードする前に、一度Avidアカウントにログインいただき、お使いのPro Toolsが「Annual Upgrade Plan」が適用されているかどうかをご確認ください

※Pro Tools 12.6以降を使用するには、iLokに所定のライセンスが入っている必要があります(Pro Tools Perpetual Bundleライセンスについての詳細はこちら

 

リリースノート

 

Pro Tools 12.8 Release Notes
Pro Tools | S6 Release Notes

Pro Tools 12.8 infomation
Pro Tools 12.8 Datasheet(近日予定/日本語版作成中)

 

各製品特徴

 

>Pro Tools | HDのみの特徴

 

Dolby Atmos対応!

 

 

Dolby Atmosは、シネマ及びホーム・シアターで最もホットなイマーシブ・オーディオ・ファーマットで、より幅広いヴューワー層を開拓しています。
Pro Tools | HD 12.8では、Atomos 7.1.2オーディオ・ステム、ネイティブ・オブジェクト・パンニング、ADM BWAVさらにはAvidコントロール・サーフェス統合等のユニークな機能/仕様により、業界でも最も効率的なDolby Atmosミキシングワークフローを実現しています。

 

・Dolby Atmos スピーカー・コンフィギュレーションに対応: 7.1.2 & 7.0.2 ステム・フォーマットをサポート、併せてフォールド・ダウン・ロジックも装備
・Dolby Atmosパンナー・プラグインがなくても、Pro Tools ミキサー上で3D オブジェクトのルーティングやパンニングが素早く実行可能、
・オーディオおよびAtmosオートメーションのパンチインが可能
・Pro Tools | S6もDolby Atmosワークフローに完全対応
・Pro Tools | MTRX で、大規模なイマーシブ・オーディオ・フォーマット時のオーディオ・ルーティングを容易に実現
・プリント・マスター・メタ・データを埋め込んだADM BWAVに対応し、再利用が容易に
・シネマまたはホーム用RMUに接続可能、さらに新しいMacベースの“Dolby Atmos Renderer”にも対応

 

Avid NEXIS接続対応!

 

Pro Tools | HD12.8は、Avid NEXISストレージに対応することで、新たなコラボレーション/共有ワークフローを提示しています。複数のPro Tools HD ユーザーが、セントラル・メディア・ストレージ上に必要なプロジェクトを置きながら、異なったシステム間でのファイル移動という無駄な時間を浪費することなく、スムースに協業していくことが可能となります。
 

 
>Pro Tools | First ,Pro Tools及びPro Tools | HD共通の特徴

 

クラウド・コラボレーション機能強化!

 

Pro Tools 12.8では、新たに最大10名までのコラボレーターが参加可能となったクラウド・コラボレーション機能を使うことで、世界中のチーム・メンバーと効率良く協業していくことが可能となりました。プロジェクト自体も、ローカルのみに保存することが可能となり、必要なプロジェクトのみを選択してクラウドに上げるといったこともできるようになっています。また、新たな「Avidクラウド・コラボレーション・プレミアム・プラン」により、より一層、クラウド・コラボレーション機能が利用しやすくなりました!

 

より充実の堅牢性

 

ファミリーを通し、多くの課題を修正することで、より安定した動作環境で作業することが可能となっています。

 

>Pro Tools | Firstのみの特徴

 

・Pro Tools | First 12.8では、フル・バージョンのPro Tools 及びPro Tools | HD上のプロジェクトに参加し、無償でコラボレーションすることが可能となりました。また、このバージョンからは、新たな「Avidクラウド・コラボレーション・プレミアム・プラン」を利用することで、自らがオーナーとなりコラボレーションを開始させることも可能となります。

・無償の1GBフリー・クラウド・スペースに最大3つまでのプロジェクトを保存して作業可能な他、月額640円から利用可能となる「Avidクラウド・コラボレーション・プレミアム・プラン」を使うことで、他のPro Toolsユーザーとコラボレートできる他、クラウド・ストレージを拡張、プロジェクトの増加、ローカルへの保存等が可能となります。

・Pro Tools | First 12.8には、サウンドベース機能も追加され、ループ素材をよりインテリジェントに管理することが可能となり、合わせてそれに対応した500 MBサンプル・ライブラリーも付属します。これにより、プロジェクトに最適なビート、グルーヴ、スタイルそしてサウンドを、数多くのオーディオ素材の中から素早く見つけ出し、使用することが、より簡単に行えるようになりました。

・Pro Tools | First12.8では、新たに「トラック・フリーズ」機能も追加されたので、コラボレーターが、同じプラグインを持っているかどうかを心配する必要もありません。エフェクトが実行されているトラックのレンダリング処理を行うことができる「トラック・フリーズ」機能を施して各トラックをシェアすることで、コラボレーターは、そのプラグインを所有していなくても、正確にそのサウンドを確認することが可能となります。「トラック・フリーズ」機能はまた、お使いのコンピューターのプロセッシング・パワーを節約するにも役立ちます。負荷の高いエフェクトを実行時に「トラック・フリーズ」機能を利用することで、CPUパワーが解放され、より快適にその後の作業を継続することができるようになります。
 
Avidクラウド・コラボレーション・プレミアム・プランについて
 
新しいクラウドコラボレーション・プランへは、マスター・アカウント内の「My Avid Cloud」タブよりアクセス可能です。
 
より実用的になったAvidクラウド・コラボレーションでの協業!
 
10GBスペースを月額640円で最大10名までのコラボレーターが共有可能となり、Pro Tools | Firstユーザーも対象となった新たな「Avidクラウド・コラボレーション・プレミアム・プラン」を利用することで、楽曲制作で必要な全ての工程で、より効率的なクラウド環境下での協業が可能となりました!

 

>>お問い合わせはこちらまで!

----------------------------------------------------------------------------
MIYAJI Professional Division

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-4
TEL:03-3255-3332 
FAX:03-3255-0382

http://www.miyaji.co.jp/proaudio/

お問い合わせフォーム:https://www.miyajimusic.com/proaudio/form/Inq_Shop.php

----------------------------------------------------------------------------
宮地楽器神田店 レコーディング機器コーナー


〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-4
Tel 03-3255-2755(代表)
Fax 03-3255-0382

http://www.miyaji.co.jp/recgear/index.php

お問い合わせフォーム:https://www.miyajimusic.com/form/info.php?a=53
----------------------------------------------------------------------------

 



AVID関連記事を検索

categories

selected entries

archives

recent comment

  • Avid Application Manager詳細について(Pro Tools 12以降)
    きた

profile

書いた記事数:127 最後に更新した日:2017/06/30